主なカテゴリー

医療機関サイト(ホームページ) 2017年よりネットパトロール開始


厚生労働省は7日、医療機関のホームページ(HP)に虚偽や誇大な表現がないか監視する「ネットパトロール」を2017年度に始めることを決めた。
脱毛や脂肪吸引など美容医療を巡るトラブルが相次いでいるため。
「絶対安全な手術」といった表現や、治療後の写真の加工などが対象になるとみられる。

医療機関サイト監視 厚労省、美容など誇大表現規制:日本経済新聞

これまで、医療機関のホームページは利用者自らが閲覧するため「広告」ではなく「情報提供」「広報」として取り扱われていて、広告規制の対象にはなっていませんでした。
そのため、主に美容医療のサイトで、治療前後の写真を加工してよりよく見せたり、事実誤認させるような表現が使われていたりして、患者さんとのトラブルが相次いでいました。
そこで、ようやく今回、ホームページの内容に関する監視が始まることになりそうだとのことです。

今回、医療機関のホームページ自体を広告とみなすかどうかについても、議論がありました。
しかし、「患者自らが知りたい情報(治療の内容、効果等)がインターネット等により入手できなくなる。」ということで、引き続き、医療法の広告規制の対象外となるようです。

ネットパトロールは、2017年より開始予定。民間企業に委託し、虚偽や誇大な表示がされているホームページは、自治体からホームページの表現を見直すように指導が入るとのこと。
きっかけは美容医療ですが、個人的には特に歯科などの自費診療系のサイトも、かなり危ういものが多いなと感じています。

医療機関に患者さんをむやみやたらに呼び込むためでなく、
患者さんのために、患者さんが知りたい情報を、誠実に伝えるホームページとなるよう、より一層、意識して作っていきたいものですね。

なお、現状でもGoogleやYahooでの検索画面に表示される「リスティング広告」「インターネット広告」は医療法による広告規制の対象です。
法律の規制を無視した文言が散見されますので、広告出稿時には、業者任せにせず、必ず先生ご自身でもチェックするようにしてください。

カテゴリ:医療法と医院のHP

この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます。

無料相談・お問い合わせ

お問合わせ

0533-66-3876

ご案内

対応可能地域

愛知県や名古屋市以外にも、
ネットで全国対応可能です。

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟, 富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪府,兵庫,奈良,和歌山, 鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

 ページの先頭へ